スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<稲庭そば>半世紀ぶりに復活 秋田(毎日新聞)

 伝統産業の稲庭うどんの里で、ライバル食のそばが作られていた--。

 湯沢市小野の国道13号沿いにある道の駅おがち「小町の郷(さと)」で24、25の両日、「復刻稲庭蕎麦御膳(そばごぜん)」が1日40食限定で提供される。

 稲庭うどんの老舗、佐藤養悦本舗(湯沢市稲庭町)の佐藤信光さん(43)によると、稲庭そばは同社などが1955年ごろから約5年間製造。だが稲庭うどんが全国ブランドとして確立し、その余波で姿を消したとみられる。

 復刻そばは、佐藤さんと道の駅の石山洋・厨房(ちゅうぼう)主任(42)が「新たなメニューを作ろう」と意気投合。古い資料を参考に、約3カ月の試行錯誤の末開発した。そば粉のつなぎとして、国内最高級品とされる北海道産小麦粉「春よこい」を使用したこだわりの一品だ。

 石山さんは「現代風にアレンジし、食感的にきめ細かく、のど越しがいい。反応がよければ継続して提供することも考えたい」と話した。

 御膳は特産の山菜をふんだんに使った炊き込みご飯とてんぷら、小鉢、みそ汁のセット。1100円。問い合わせは同道の駅(0183・52・5500)。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
<関連写真>秋田県の郷土料理「稲庭うどん」
<関連写真>岩手県の郷土料理「わんこそば」
<関連写真>福井県の郷土料理「越前おろしそば」
<関連写真>島根県の郷土料理「出雲そば」

ゆるキャラがB級グルメ紹介 ご当地マスコット勢ぞろい(河北新報)
参院選公約に「国民安心税」=自民(時事通信)
元交際女性監禁容疑で26歳男逮捕=刃物で脅し15時間-警視庁(時事通信)
強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)
「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)

「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)

 「私が母親。ほかの人にはさせられない」。東京地裁で開かれた裁判員裁判で20日、自殺を図って意識不明となっていた長男(当時40歳)を刺殺したとして殺人罪に問われた千葉県我孫子市、無職和田京子被告(67)の被告人質問が行われた。

 高額の治療費に家族が苦しんだ末、息子に手をかけた心情を語る和田被告の姿に目頭を押さえる裁判員もいた。

 検察側の冒頭陳述などによると、農薬会社の課長だった長男が昨年7月15日、借金などを苦に自殺を図り、都内の病院に搬送された。一命は取り留めたが、意識は戻らない。自殺未遂の場合は保険が利かず、病院からは7月末までに治療費は約500万円かかると告げられた。長男の妻はこの時、医師に「私が人工呼吸器を外す」と訴えたという。

 被告人質問で、和田被告は長男の妻の言葉を知ったときの心境について、「幸せな人生だったが、覚悟を決めた」と涙声で語った。ベッドに横たわる長男を刺したのは、入院から10日後の25日。刺す前には、「母さんやってくれ、という息子の声が聞こえた」とも話した。

 男性2人、女性4人の裁判員のうち、4人が質問し、このうち1人が「踏みとどまる気持ちはなかったか」と聞くと、和田被告は「ためらい続けた。でも、長男の左胸を見たとき、やるからには、し損じてはいけないと思った」と答えた。

 裁判は21日に結審し、22日に判決が言い渡される。

<キトラ古墳>壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会(医療介護CBニュース)
「夢の宇宙」支えた家族=入浴剤、そばで出迎え-山崎さん、今夜帰還(時事通信)

横溝正史賞に伊与原新さん(時事通信)

 第30回横溝正史ミステリ大賞(角川書店主催、テレビ東京協賛)は19日、富山市の伊与原新さん(37)の「お台場アイランドベイビー」に決まった。賞金400万円。テレビ東京賞には浜松市の佐倉淳一さん(46)の「ボクら星屑(ほしくず)のダンス」が選ばれた。賞金100万円。授賞式は11月24日、東京・丸の内の東京会館で。 

【関連ニュース】
蛇笏賞に真鍋呉夫氏
手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん
新田次郎賞に菷木蓬生氏ら
迢空賞に坂井修一氏
大江健三郎賞に中村文則氏

<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…(産経新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進-「画期的」専門家ら評価(時事通信)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)

覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)

 「何とか家族と一緒に住もうと一生懸命やってきたつもりが、変に利用されてしまいました…」。覚せい剤取締法違反の罪に問われた男性被告(44)の初公判が9日、東京地裁で開かれた。覚醒(かくせい)剤の密売人をしていた被告が打ち明けたのは、離れて暮らす子供たちへの“親心”だった。(滝口亜希)

 起訴状によると、被告は1月21日、東京都世田谷区の路上で、覚醒剤の結晶約2グラムを所持していた。

 検察側の冒頭陳述などによると、もともと、被告は元妻と8~15歳の3人の子供との5人暮らし。しかし、約2年前、養育上の問題を理由に児童相談所の職員が被告宅から子供を引き取ろうとした際、これを止めようとしてもみ合いに。職員の歯が折れるなどしたため被告は傷害容疑で逮捕され、子供たちも施設入りを余儀なくされたという。

 被告は、なぜ薬物犯罪に手を染めてしまったのか。

 コンピューターソフトの開発技術を持っていた被告は、留置場で知り合った暴力団関係者の男に、スナックの売り上げ管理ソフトの作成を依頼される。仕事を探していた被告は快諾したが、カードの決済処理を次々と頼まれるように。不正請求の片棒を担がされていたことに気づいた被告は、神奈川県警に通報したという。しかし、証拠不足を理由に取り合ってもらえず、待ち受けていたのは別の暴力団関係者だった。

 「もうかる予定だったものがもうからなくなった。(密売人として)働いて借金を返せ、と言われました」

 こうして、被告は密売人として働きだす。“パクられ要員”と呼ばれ、摘発される危険性が高い新規顧客への受け渡しを担当。一方、“借金”は減るどころかノルマ未達成を理由に増え続け、逮捕時は「所持金もなく、服もボロボロだった」(弁護人)という。

 逮捕されたことについては「ある意味ほっとした」と本音をのぞかせた被告は最後に「強い意志を持っていきたい」と誓った。

 「これからは、お子さんに恥ずかしくないようにしないと」という裁判官の言葉が伝わっていることを祈りたい。判決は23日。

<社民党>サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で(毎日新聞)
<訃報>山内鉄也さん75歳=映画監督・脚本家(毎日新聞)
首都高速と阪神高速の通行料金 普通車500~900円に(産経新聞)
落語家はやし家林蔵氏死去(時事通信)
<駐車場事故>4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)

車の電動窓で女児指切断=母親気付かず操作-東京(時事通信)

 東京消防庁は7日、東京都中野区で3月、乗用車で母親がパワーウインドーを閉めた際、11カ月の女児が小指を切断する事故があったと明らかにした。
 パワーウインドーによる子供の事故は2005年度以降に計9件発生しているとして、同庁は注意を呼び掛けている。
 同庁によると、3月22日、走行中の車内で、母親が後部座席に座ってパワーウインドーを閉める際、抱きかかえた女児の右手が窓の外に出ていたのに気付かず、小指を切断した。 

とっさの救命措置 駅員らに感謝状 千代田区のJR有楽町駅(産経新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
<迷い犬>殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初-岡山県(時事通信)
プロフィール

むらかみしげお

Author:むらかみしげお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。